2011年09月03日

【イベントレポート】石巻復興フェア@山王商店街夏の盆踊り大会2011

石巻復興フェア@山王商店街夏の盆踊り大会2011


◆2011年8月20日(土)、8月21日(日)

東京・大森にあるウィロード山王商店街等3つの商店街様の御協力の下、
「石巻復興フェア」を8月20、21日の2日間開催いたしました。


◆復興に向けて

ウィロード山王商店街は、「東北にもう一度商店街のある街を」を掲げ、
「義援金ストア」の開設等、石巻の復興支援に取り組んでいただいておりました。
「こういった事は継続していかないと意味がない」とおっしゃる商店街の皆様のあたたかい思いが
形になり、今回のイベント開催に至りました。

Photobucket Photobucket Photobucket


◆「石巻焼きそば」 VS 「大森焼きそば」

 ―「石巻焼きそば」には、半熟卵がノっている。―
というコピーで、事前に告知いただいていたこともあり、
商店街の方々も初めて食す石巻焼きそばに興味深々だったようです!
当日は、お馴染「石巻焼きそば」の本イベント特別版として味噌味を販売しました。

そして、商店街のある大森は、かつて海苔の養殖が盛んだったことから、
海苔をのせた「大森焼きそば」を盆踊り大会で販売。

糊というイメージから、塩焼きそばを想像していたのですが、少し甘みのきいたソース味。
磯の香りを感じつつ、少し味付の糊独自の甘みとソースの甘みが、ぶつからず、
交わらず…これまたベストマッチ!初めて食べたのに、どこか懐かしい味。
とても美味しい焼きそばでした!

戦いは…甲乙つけ難い!というのが皆さんの感想で多かった気がします。
次回持ち越しになってしまったのかな…(笑)



◆「石巻焼きそば」前代未聞の【800食】完売!

11:00AMの販売開始から行列!行列!
私達以上に声を出して集客していただいていた商店街の方々のサポートのお陰で、
なんと14時を過ぎた頃には、当日販売予定の200食が完売してしまいました!

後片付けに入ろうとしていた私達に、
「あれ?もう終わっちゃったの?」「食べたかったのに〜」と、
店舗を覗いていては、声を掛けていただく商店街の方々。

本当は有難い気持ちでいっぱい…。
もっと沢山の人に食べてもらいたい…。
今日の分の焼きそばはなくなってしまったし…。

でも、やっぱり商店街の人達に今日食べてもらいたい!ということで、
石巻へ急遽連絡し、明日の追加発注をしつつ、
「よし、やるか!」の一声で、明日販売予定の200食分の焼きそばを使用し、再開する事を決意!

「残り全部売れる事はないだろうし、客足が途絶えるまでやろう」と再開したものの、
行列が止まらない!なんと、翌日分の200食分も含めて初日で400食が完売してしまいました!
 
翌日も初日同様、朝から行列ができ、想定の2倍である800食完売という、
前代未聞の販売数の下、大成功に幕を閉じました!

Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket


◆物販ブースも大盛況、そして完売!

石巻より物販ブースへ下記4店舗出店いただきました。
11時の開店準備の段階から「何時から?後で来るね」とお声掛けいただく事も多く、
全商品、売れ残りひとつなく完売いたしました!
 ・うるおい茶園―桃生茶、お茶かき氷
 ・木の屋石巻水産―希望の缶詰
 ・高砂長寿味噌本舗―長寿味噌、牡蠣味噌、醤油など
 ・津田鮮魚店―鮮魚他

Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket




◆盆踊り大会

復興フェアが18時に終わった後、夜の部でもある
盆踊り大会にプロジェクトメンバーでお邪魔してきました。
地元の「盆踊り」のイメージよりも遥かに賑やかで、
小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃん達まで沢山の人が輪になり、踊り、
私達も商店街の方に踊りを御指導いただきながら、楽しく参加させていただきました!

Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket


◆商店街の方々の協力

終日マイクを持って物販ブースへの呼び込みをしていただいたり、
石巻焼きそばの下準備、調理、パック詰め等、当日のメンバーでギリギリ回している程盛況で、
一部間に合わずにお待たせしてしまったりと、充分に人員工数分を補えているとは言えない状況下、
こちらからの依頼もない中で、次々に商店街の方がエプロン姿で調理場に。

Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket Photobucket

商店街の理事長やイベント担当の方は「何年ぶりに人参の皮を剥くだろう?下手だから逆に邪魔
しちゃったらごめんね」と言いながら、お気遣いいただきつつ、朝の下準備からイベント終了まで
フォローしていただきました。
奥様方は下準備の手際も良く(流石です…)、持ち場を転々と効率を考えながら動き、
こちらが逆に御指導いただいたり、鉄板の熱にも負けず、元気とパワーをいただきました。
 
次々と商店街の方々が調理場を覗きながら入ってきては、
「気になってたから、とりあえず来てみた」と言いながら既にエプロン姿の方から、
「社長が手伝ってきていいよって言うから、仕事抜けて来たよ」など、
商店街の方々のあたたかいバックアップに、感謝と感動でいっぱいの時間でした。

大盛況の下、無事イベントが終了できたのも、商店街の皆様のお陰だと思います。 
本当に有難うございました!




◆後記
 (※一部私見が入っております/首藤)

震災直後から始まっていた風化作用が、5ヵ月を経過した最近は特に日々犇犇とよりリアルに感じ、
加え被災地以外の方が発する「復興」「支援」という言葉が形骸化していると
個人的に感じてしまう事もあり、それに真偽を問うては一喜一憂ばかりしていました。

そんな中で、「震災」という大きな壁の中にも共通認識を断片でも共有し、
1コミュニティの中でも風化作用に抗う術、「支援」の形を考え、
「復興イベント」としてActionしていただいた商店街の方々に感謝、感動でいっぱいです。

そして、何より商店街の方々と触れ合い、一緒に協力しながら作業する中で、
言葉では表せない、人の「あたたかさ」を終日肌身感じていました。

本当に有難うございました!

石巻復興プロジェクト
首藤綾子



posted by kumagai at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。