2011年10月23日

石巻ロックフェス2011

石巻ロックフェス2011 〜フードコート運営〜

実施結果報告

平成23年10月9日

団体名:石巻復興プロジェクト      
代表住所:宮城県石巻市蛇田字下谷地52
代表者:津田 祐樹             

平成23年10月9日に開催の支援をしたイベントにつきまして、下記の通り実施致しました。



1 実施日又は実施期間
  平成23年10月9日

2 実施場所
  サン・ファンパーク 宮城県石巻市渡波字大森30-2

3 参加者数
  約1800人

4 実施の概要
  本イベントではフードコートの運営・管理を行った。
  震災の被害が甚大な宮城県沿岸部(石巻市、多賀城市、南三陸町など)の出店者で構成。

  Two face(石巻)
  GNSP(東京)
  多賀城飲食店復興を進める会(多賀城)
  ラーメンやんちゃ(仙台)
  及善商店(南三陸町)
  津田鮮魚店(石巻)
  豚汁 Works(石巻)
  石巻復興プロジェクト(石巻)

  ※ 販売品目
  やきそば、カキ氷、クレープ、いか焼き、ソーセージ、やきとり、ラーメン
  たこ唐揚げ、海鮮焼きそば、笹かま、かき氷、魚介炭火焼、かに汁、日本酒
  豚汁、から揚げ、牛串、コロッケ、フライドポテト、ポップコーン、わたあめ
  おでん、生ビール、日本酒、カクテル、ウイスキー、焼酎、ノンアルコールビール

5 実施の様子(写真)
  本イベントの様子を写真にて下記の通り紹介する。

メインステージの様子
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


フードコートステージの様子
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


フードコートの様子
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


会場全体の様子
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


5 実施の様子(現場レポート)
  本イベントの様子をコメントにて下記の通り紹介する。


当日は晴天に恵まれ、普段は強い風が吹き付けるサン・ファンパークも、奇跡的に気持ちのよいそよ風が吹く程度の気候となりました。

9:00開場〜10:00開演、来場者の方々も駐車場で混雑することなくスムーズに会場入りすることが出来たようです。

フードコートでは11:00あたりからピークを迎えます。
会場が石巻ということもあり、魚介の炭火焼は終始行列でした。
ピークの過ぎた14:00あたりには、好きな場所で音楽を楽しんだり、お酒を呑んで談笑したり、芝生の上でお昼寝をしたりと、来場者の方々もフェスの醍醐味を存分に楽しんでいるようでした。

夕方から、スペシャルゲストのステージ 〜 クライマックと、来場者はメインステージに集中します。
クライマックスでは、感極まって涙する方(私もですが…)も。

また、本イベントでは「鎮魂」という大きなテーマを掲げており、献花台が用意されていたり、僧侶がお経を唱え黙祷をささげるというプログラムもありました。

ちなみに実行委員は、洞源院で行われた慰霊祭に参加しております。
今回大きなトラブルもなく無事終了することができたのも、そういった姿勢を大事にした結果ではないでしょうか。

本当に素晴らしいフェスでした。
こういった感動は言葉で表現するのは難しく、上手くお伝えすることが出来ないのが残念です。

完全に有志のみの執念、インディペンドスピリッツ。
確かに響くものでした。


石巻復興プロジェクト
熊谷達夫


posted by kumagai at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。